カウンセリングから医療機関へのご紹介例

リンパ浮腫は、最初皮膚の薄いところから発症しやすい。
と言われています。
ですから太ももの内側からむくむことが多いです。

太もものむくみはそれほどではなくても、
下腹部とか陰部が浮腫み始める方もおいでです。

そのようなケースでは、
病院のリンパシンチの検査で、
リンパ液の流れをまず確認していただき、

下肢の圧迫療法やドレナージュを始めて大丈夫かどうか?
専門医の判断を仰ぐため、
医療機関のご紹介をしています。

なぜそのようなプロセスを踏むかというと、

下腹部や陰部の浮腫みが、
下肢のリンパの流れとつながっている場合、
足の圧迫やドレナージュをすることによって
下腹部や陰部の浮腫が悪化することがあるからです。

足の圧迫やドレナージュをしても、下腹部や陰部に影響がない場合ももちろんあります。

その辺をまずしっかり確認していただくことを重要視しています。

リンパ浮腫というとどうして「足」のみを意識しがちですが、

陰部の浮腫みは、
小包(リンパ液が溜まった水ぶくれのようなもの)を作りやすく、
それが破れると、蜂窩織炎を起こす原因になります。

意外と知られていない、この蜂窩織炎の原因ですが、
こちらでもきちんとチェックして、
患者様にもセルフケアをアドバイスしています。

お気軽にお問い合わせください

当院はリンパ浮腫などの「浮腫み」の保存療法を専門としております。
完全予約制の形をとっており、おひとりだけに集中してお話しを聞き、治療をします。ゆったり治療を受けたい方、どうぞお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です