手足が浮腫み始めたり、ピリピリ感じ始めた方へ

乳がん婦人科がんの手術後、手足や下腹部陰部がなんとなく浮腫み始めたり、ピリピリと感じ始めると、
ご不安になられることことと思います。

外科の先生に、
 「気のせいですよ」
 「マッサージしておけば大丈夫」
と言われても、不安が消えない・・・・という方も多いようです。

病院でセルフドレナージュを教えていただき日々実践している方も
 「プロのドレナージュを受けてみたい」
 「自分のやり方がこれで良いのか、確認したい」
という気持ちが募ることもおありでしょう。

ドレナージュやバンテージ(圧迫療法)の保存療法を行うガイドラインについて、
日本医療リンパドレナージュ協会では
次のように規定しています。

心臓病、腎臓病、甲状腺異常、静脈性の疾患
が浮腫みの原因ではないことがはっきりするまで、
リンパ浮腫の保存療法を開始することができない。

ですので、日本医療リンパドレナージュ協会に所属している
当院としては、
主治医の情報提供書をご持参いただくことが望ましいです。
(あくまでも原則といたしまして)
ただ、様々なご事情で、それが難しい患者様が多い現状も理解しています。

情報提供書をお持ちになれない方につきましても、
正しいドレナージュについて、デモンストレーションやご一緒に手を動かすことで
お伝えしています。

また、リンパ浮腫の必要な検査について都内の病院をご紹介することもできます。

まずは
リンパ浮腫カウンセリング
のコースでご予約をお取りください。

 

お気軽にお問い合わせください

当院はリンパ浮腫などの「浮腫み」の保存療法を専門としております。
完全予約制の形をとっており、おひとりだけに集中してお話しを聞き、治療をします。ゆったり治療を受けたい方、どうぞお問い合わせください。